リハビリテーション科


診察日・診療時間は「外来のご案内」をご参照ください。

 

担当医師  田中 芳幸(日本リハビリテーション医学会専門医)

 

 <リハビリテーション科紹介>

 

  リハビリテーション科では脳血管障害(脳梗塞、脳出血等)、骨・関節疾患(骨折、変形性関節症、四肢切断等及びその術後)、脊髄疾患(脊髄損傷、脊髄炎等)、神経・筋疾患(末梢神経障害、多発筋炎、進行性筋ジストロフィー等)、神経変性疾患(パーキンソン病、脊髄小脳変性症、筋萎縮性側索硬化症等)、癌等の治療中・治療後の患者様を診察し適切なリハビリテーション(理学療法)を実施します。また必要に応じて検査・処置も行い、患者様の日常生活での問題解決に努めます。

 

 検査・処置の例として

  •  えん下造影検査(VF):造影剤を使用してX線透視下にてえん下動態を観察し、適切な食事内容や食事方法のアドバイスをします。
  • 神経伝導速度検査・針筋電図検査:神経への電気刺激や細い針を筋肉に刺すことで神経、筋肉の状態を評価し、患者様の痛み・しびれ・麻痺等の原因を探ります。
  • ボツリヌス菌毒素注射:主に脳血管障害・脊髄障害の後遺症をしての上肢・下肢痙縮に対して施注し、痙縮の軽減・改善を図ります。

 

 ※外来・入院ともに発症・受傷からの経過日数、治療経過、介護保険の利用状況等の条件でリハビリテーションが実施できない場合があります。リハビリテーションをご希望の患者様は事前のお問い合わせをお願い致します。